忍者ブログ

睡眠障害の症状と原因についてまとめてみました。

   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

睡眠障害の症状と原因についてまとめてみました。睡眠障害の症状にはとても多くの症状があり、不眠症に代表される「眠れない」「寝付きが悪い」などがよくみられます。睡眠障害になる原因は様々なものがあります。

 原因には一過性の事もあれば慢性的なものもあり、出来る限り原因を取り除く事が先決です。
たとえば、睡眠障害になる男性の場合、実に3分の2が睡眠に関する問題を抱えているとされます。
その代表的なものが睡眠時無呼吸症候群(SAS)です。

 一方、睡眠障害に悩む女性はたくさんいるようです。
生理や妊娠・出産、更年期など、女性はホルモンの影響を強く受け、女性ホルモンに深い関連を持つ睡眠障害は多いようです。睡眠障害の一般的な症状として眠りが不十分な事によって「イライラして、気分が優れない。頭がボンヤリする」という悩みを持つ方も多いでしょう。

 また、睡眠障害の原因で、一過性の睡眠障害になった方は多いと思います。
この場合は、大切な会議やイベントの前になかなか寝付けない、過度の飲酒、紅茶やコーヒーなどのカフェインが含まれた飲み物の飲み過ぎなどが挙げられますね。あるいはケガの痛みや体の痒みでも睡眠障害になる事はあり、これらはだれしも一度くらいは経験あると思われます。


・・・・


<スポンサードリンク>


PR

睡眠障害が慢性化する原因には、自律神経の乱れやホルモンバランスの崩れ、イライラが募った時もストレスが解消されない限り、症状は続きます。強烈なストレスが加わると悪夢を見たりもします。



これ買ってみました。オススメです。クリックすると画像が大きくなります。


 男性の睡眠障害に多い症状で睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている時に呼吸が止まってしまう症状です。
睡眠中に無呼吸になる状態が何度もあることが特徴です。いびきをかいていると急に音が止み、呼吸していない事が分かっても、暫くするとまたいびきがはじまるといったような症状が続きます。

一方、女性は男性よりも熟睡しやすいとされますが、生理や妊娠でホルモン状態が変化した時や更年期障害などでは睡眠にも大きな影響を受けます。
睡眠障害になる時期が生理期間中だという方は多く、「月経随伴睡眠障害」と呼ばれます。

そして、睡眠障害は精神的な原因によっても起こります。うつ病などでは深刻な睡眠不足に陥る事もあって、症状が悪化しないうちに早めの治療が必要になってきます。不安感が強い方や心配事があっても眠れなくなるので、時にはリラックスして疲労感を取り除いておきましょう。


・・・・

いずれにしても睡眠不足は気分を落ち込ませるので、出来る限り早めの対策が重要です。
睡眠障害から体調を崩す事もあり、改善するように心掛けましょう。

また、より深刻な睡眠障害の症状としてナルコレプシーのように突然猛烈な眠気によって、会話中にまるで意識を失うかのように寝てしまったりします。あるいは睡眠時遊行症(夢遊病)で家中動き回るケースもあります。

それから、男性にも更年期があることが分かってきています。この更年期障害には不眠症などの睡眠障害に陥るケースも見られます。冷えや動悸、あるいは倦怠感に不安感といった原因で眠れなくなる方もいます。

一方、女性は妊娠初期にやたらと眠くなったり、出産が近づく後期には出産への不安や重くなったお腹で腰を痛め、不眠症になるケースが多いようです。産後は赤ちゃんの世話で更に充分な睡眠が取れないので、効率的な睡眠を心掛けなければならないでしょう。また、女性ホルモンの分泌が低下し、ほてりや発汗などが起きることで女性の睡眠障害も更年期障害の時期にも深く関係があるといわれています。

 


<スポンサードリンク>


・・・・

  
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
<スポンサードリンク>
プロフィール
HN:
GENROQ
性別:
非公開
自己紹介:
睡眠障害の症状と原因についてまとめてみました。
バーコード
Copyright ©  -- 睡眠障害 症状 原因 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]